残波岬

沖縄の自然を楽しむといえば、ほとんどの人がマリンレジャーやスポーツをイメージするのではないでしょうか。確かに、青の洞窟などの人気スポットでのシュノーケルはここでしか見ることのできない幻想的な光景を楽しむことができます。残波エリアのシュノーケリングスポットについてはコチラ

しかし、沖縄にはもう一つに自然の楽しみかたがあります。それは絶壁から見下ろす美しい景色です。


残波岬で絶景を楽しむ

読谷村の海沿いに位置する残波岬は、断崖絶壁から美しい景色を楽しむことのできるスポットとして観光客の高い人気を集めています。
東シナ海に面した高さ30mの絶壁が2kmも続くこのスポットから見下ろす眺めはまさに特別な景色です。
アクセスもとても良く、広い駐車場も完備されていますので、気軽に行くことができるでしょう。
ただし、手すりのない危険なエリアもありますのでお子様連れの場合は注意が必要となります。

残波岬灯台

この岬のトレードマークとなっているのが残波岬灯台です。海面から28m、そしてそこからさらに44mもの高さを持つ灯台です。大人150円、子供20円の入場料を払えばだれでも上ることができます。ただでさえ高い位置にある岬をさらに上から見下ろすことができますので、その景色はまさに絶景と呼ぶにふさわしいものです。
しかし、階段が急ですので、お年寄りにはちょっとつらいかもしれません。しかし、上から見ることのできる絶景はきっとそんな疲れも吹き飛ばしてくれるでしょう。

残波岬は観光スポットとして観光客から高い人気を集めていますが、地元の人からも磯釣りの名所としても愛されています。地元に密着した観光スポットですので、現地の人との触れ合いも期待できます。
シュノーケリングの後はこの岬からさっきまで潜っていたポイントを眺めてみるのも悪くないかもしれません。