残波エリア

青の洞窟周辺には多くのシュノーケルスポットがあります。真栄田岬万座エリアといった代表的なポイントの他にも、美しい景色などから、シュノーケルやダイビングをしない観光客にも高い人気を集めているポイントも少なくありません。
その一つが残波岬を中心としたエリアです。


残波エリア

大型リゾートホテルやビーチ、そして絶壁から海を一望することのできる残波岬は恩納村周辺でも特に高い人気を集めている観光スポットとなっています。
ビーチではシュノーケルは禁止となっていますが、サーフィンやボディボードといったマリンスポーツを楽しむことができます。美しい白砂に青い海からは「まさに沖縄」といった雰囲気を感じることができるでしょう。
肝心のシュノーケルは岬周辺で楽しむことになります。しかし、絶壁であり直接エントリーすることは困難ですのでボートを利用してポイントへ移動することになります。

残波岬でのシュノーケル

ボートでの移動になりますので、ある程度の人数のグループ旅行であればほぼ貸し切り状態で楽しむことができます。
青の洞窟などの人気ポイントとは異なってそれほど多くのダイバーでごった返していることもありませんので、ゆったりとシュノーケルを楽しむことができるでしょう。
波も比較的穏やかで、透明度も十分ですので沖縄の海の魅力を十分に満喫することができます。
恩納岬ほどではありませんが多くのダイビングショップがツアーを用意していますので、初心者でも気軽に楽しむことのできるスポットとなっています。

真栄田岬があまりにも有名であるため、その影に隠れてしまいがちですが、残波エリアも沖縄の海の魅力を十分に楽しむことのできるスポットです。