シュノーケルをもっと楽しむために観察できる生物の予習をしておこう

沖縄でも有数の人気スポットとなった青の洞窟ですが、この魅力をもっとも満喫することができるのはやはりシュノーケリングでしょう。
海面の美しい青さや、青く光る洞窟内の岩など、幻想的な景色を間近に楽しむことができます。
しかし、シュノーケリングの楽しみ方はこれだけではありません。

シュノーケリングの楽しみ方の一つとして、海の中で出会うことのできるさまざまな生物の観察があります。

沖縄の海ならではの生物

沖縄は本土と距離が離れているだけではなく、亜熱帯に属しますので、本土とは異なったさまざまな生物が生息しています。
これは海の中も例外ではありません。
本土周辺の海では決して見ることのできない色とりどりの珍しい魚たちを見ることができるでしょう。
また、沖縄の海はとても透明度が高いため、これらの生物を観察するのにとても適した環境となっています。
ダイビングのプランによっては、これらの生物をより楽しむために、撒き餌などを使って周囲に魚たちを集めるといったこともできます。

知識を持っていればさらに楽しめる

こうした海の生物のほとんどが、はじめてみるものでしょう。
ガイドブックや、インターネット上の専門サイトなどを見ればこれらの生物の特徴などを知ることができます。
こうした知識を事前に持っていれば、こうした生物の観察のポイントなどもわかりますので、より観察を楽しむことができるでしょう。

知識で危険を回避する

沖縄の海にすむ生物は美しく、めずらしいものですが、中には危険な生物もいます。こうした生物に誤って触れてしまう、という事故は珍しいものではありません。
生物に関する知識を持つことで、こうした事故も回避することができます。

沖縄の海を満喫する上で、やはりこの海にすむ生物のことを忘れることはできません。しっかりと事前に知識を身につけておくことで、より生物の観察を安全に楽しむことができるでしょう。