恩納ガラス工房

世界中のいたるところで独特なガラス工芸品を見ることができます。それだけガラスは私達人類の生活に密着した存在となっています。
日常の生活を思い浮かべてみても、ガラス製品を一度も利用しない日はないでしょう。ガラス製の食器や、ちょっとした小物類、そして住宅などのあらゆる建物にも必ずガラスは使用されています。また、商店などに足を運べばガラス製の容器にはいった調味料や飲料、食品などが多く売られています。
私達の生活はガラスがなければ成り立たないと言っても過言ではないでしょう。


沖縄のガラス

沖縄にも独特のガラス工芸品が存在しています。それが琉球ガラスです。さまざまな色合いに、いろんな形の気泡が入った独特の形は観光客の間で高い人気を集めています。
元々は戦後の資源不足のため新しいガラスを使用することができず、アメリカ軍が廃棄していたさまざまなガラス瓶を再利用したことがルーツとされています。しかし、現在では観光客からの人気が高まった影響もあり、新しい材料や、新しい技法による琉球がガラス製品も多く登場し、人気を集めています。

恩納ガラス村

沖縄本土でも屈指のシュノーケルスポットとして知られている青の洞窟などがある恩納村にはそんな琉球ガラスを購入したり製作の体験することのできる場所があります。それが恩名ガラス村です。
近年の沖縄ブームによって琉球ガラスもその存在を広く知られるようになりました。その影響もあってこのガラス村のやってくる人も年々増えています。
ここには沖縄中で生産されたさまざまな琉球ガラスをはじめ、他の地域の特徴的なガラス製品なども取り扱っている「ガラス博物館」とも呼べる存在となっています。

私達の生活に密着しているガラス製品ですが、場所が変わるとその姿も全く違ったものになります。沖縄旅行の際にはこういった沖縄ならではのガラス製品をお土産として持って帰ってみませんか?