長浜

青の洞窟をはじめとする沖縄本島中部エリアでも、残波エリアは深いドロップオフなどの地形から高い人気を集めています。
こういった地形のおかげで他のエリアとは違った光景や生き物の姿を楽しむことができますが、どうしてもダイビングの難易度の高いエリアとなってしまいます。
しかし、そんな残波エリアの中にも、比較的難易度が低いいわゆる「癒し系」ポイントも存在しています。


長浜ポイント

残波エリアの他のポイント同様に、周囲が絶壁に囲まれていますので、ボートを利用してポイントまで移動する必要があります。しかし、アプローチが簡単な他のエリアに比べるとダイバーの数も少ないため、比較的ゆったりと海を楽しむことができるでしょう。
このポイントの最大の魅力は、美しいサンゴ礁と真っ白な砂地です。水深が浅いため、シュノーケルでも十分にこの美しい海底を楽しむことができます。
また、熱帯魚の種類も豊富で、餌付けのオプションを利用すれば多くの美しい海の生き物たちと戯れることができるでしょう。

癒しのポイント

残波エリアの灯台下などが冒険を楽しむエリアとすれば、長浜は海に癒しを求めることのできるエリアとなっています。ダイビングやシュノーケルの難易度があまり高くないことから、初心者向けのポイントとして分類されがちですが、ある程度の上級者やベテランダイバーもこの癒しを求めてこのポイントへやってくることも珍しくありません。
初心者でも比較的楽しみやすいスポットには多くの観光客が訪れますので、あまり静かに海と対話することができません。しかし、この長浜ポイントはゆったりと楽しむことができますので、知る人ぞ知る穴場エリアとしても多くのダイバーに愛されています。

海の中の冒険を楽しむのも良いですが、時には海に癒しを求めるのも悪くないでしょう。長浜はそんな癒しを与えてくれるポイントです。