琉球ガラス煌工房

青の洞窟でのシュノーケルを楽しんだら、つぎは文化を楽しんでみましょう。
沖縄の独特の文化が生み出したのは、ご当地グルメだけではありません。さまざまな伝統工芸品も生み出しています。
その代表的なものの一つが琉球ガラスです。


琉球ガラスとは?

沖縄本島で生産される、吹きガラスなどのガラス工芸品が琉球ガラスと呼ばれています。
元々は、戦後の資源難から米軍基地で捨てられたコーラやビールの瓶を溶かして再生したことがルーツとなっています。
元々ガラス製品の製造が盛んだった沖縄には多くのガラス工房が存在していました。その技術を利用してさまざまな瓶を溶かして新しく生み出したガラス工芸品が琉球ガラスと呼ばれるようになりました。
さまざまな色合いや質のガラスが混じり合うことによって、多彩な色合いと独特の気泡が生まれ、味わいのあるガラス製品となっています。
これらは現地で暮らす人の生活用品として生産されたものでしたが、観光客が増えてくるにつれ、これらがお土産品として高い人気を集めるようになってきました。

現在の琉球ガラス

現在では人気が高まったことによって、廃瓶を溶かすだけではなく、新しいガラスを使用して作られることも多くなっています。また、新たな手法なども取り入れられ、元の意味合いから少し変化し始めています。

琉球ガラス煌工房

そんな現代の琉球ガラスを象徴する工房が「琉球ガラス煌工房」です。観光客向けの製作体験なども実施しており、この沖縄の伝統文化をより身近なものとしてちょくせつ触れることができます。
また、新しい手法を取り入れた琉球ガラス製品も積極的に生産・販売していることから、現在では観光客のみならず、地元の人が贈答品として購入することも多くなっています。

沖縄には多くの名物がありますので、お土産選びに迷ってしまうこともあるのではないでしょうか?そんなときには、煌工房へ立ち寄ってみてはいかがでしょう?