シュノーケル+熱帯魚餌付けプラン

今や沖縄でも屈指のダイビングスポットとなった青の洞窟も、以前は地元のダイバーやかなり通いなれたダイバーしか知らないマニアックなスポットでした。
しかし、初心者でも簡単にシュノーケリングを楽しむことのできるスポットとしてテレビや旅行雑誌などで紹介されるようになり、人気スポットに成長しました。
現在では初心者から上級者まで、また子供からお年寄りまで幅広い人たちがその魅力的な光景を楽しんでいます。

このように、利用者の幅が広がってくるとその楽しみ方も多様化してきます。ダイビングショップや旅行会社もいろんなオプションやツアーを用意していますので、上手に選んでもっと青の洞窟を楽みましょう。

≪関連記事≫
青の洞窟を満喫するなら自分に合ったシュノーケリングプランを探そう

沖縄ならではの海の生き物

沖縄は本土とは違い、亜熱帯気候ですので当然その海で暮らしている生き物もまったく異なっています。沖縄の海は透明度も高いですので、他のエリアでは見ることのできないこういった珍しい生き物をより楽しむことができます。
特に人気が高いのが熱帯魚です。日本国内でこれだけ多くの熱帯魚を間近にみることができるのは沖縄だけです。
>>シュノーケルをもっと楽しむために観察できる生物の予習をしておこう

餌付けで熱帯魚と一緒に泳ごう

青の洞窟ツアーの多くには熱帯魚の餌付けがオプションとして用意されています。もちろん、何もしなくても姿を見ることはできますが、餌付けをすることによって、さらに多くの熱帯魚をより近くで観察することができます。
特に難しい技術が必要なわけでもありませんので、初心者であっても楽しむことのできるオプションとなっています。

沖縄の海は、本土の海とはまったく異なった世界です。ただ潜るだけでもその魅力を十分に楽しむことができます。しかし、そこで暮らす生き物と触れ合うことができれば、さらにこの海の魅力を満喫することができるでしょう。