曇りの日でも楽しめる

真栄田岬は沖縄本島でも屈指のシュノーケリングポイントです。駐車場などの設備もしっかりとそろっていますので、シーズン中の週末ともなると多くのダイバーたちでごった返しています。
ここ数年、そんな傾向がより高まりました。やはり青の洞窟の人気によるものでしょう。テレビや雑誌などのマスコミでもよく取り上げられていますので、いま沖縄で一番ホットなシュノーケルポイントでしょう。


今日もそんな青の洞窟へ行ってきました。平日とはいえ、シーズン中ですのでそれなりにダイバーの姿が見えます。駐車場も満車とはいかないまでも、結構な台数が止まっていました。(青の洞窟のベストシーズンについてはコチラ

エントリーポイントにたどり着くと、何度来ていてもやっぱりわくわくしてしまいます。青の洞窟そのものも楽しみですが、私はこの真栄田岬全体が好きです。透明度が高く、水深もそれほど深くありませんので、ゴーグルからこの海中をのぞくだけでも海の世界を十分に楽しむことができます。

今日の天気は曇りです。雨は降っていませんが晴天とはいえません。多くのダイバーはこんな天気にがっかりしてしまうかもしれません。ですが、私はむしろこの天気に余計わくわくしてしまいます。

海は天候によってさまざまな顔を見せてくれます。曇りの日のちょっとくすんだ青だって楽しむことができます。
そして、海全体の色がくすんでいる分、青の洞窟のに到着したとき、さらなる感動を受けることができます。

青の洞窟の中の色は天候によって左右されることはありません。観光客の中には曇りの日には海全体の色がくすんでいることから、青の洞窟内もちょっとくすんだ色になってしまうのだろう、と考えてしまいがちです。
しかし、実際に到着すると感動することでしょう。
周囲のくすんだ青は、その鮮やかな青をより際立たせてくれます。

今日の青の洞窟もとても美しいものでした。