青の洞窟があんなにも青いのはなぜ?

沖縄の海といえば、どのようなものをイメージするでしょうか?
やはり、真っ先に思い浮かぶのは真っ青な海の色でしょう。事実、沖縄の海は青くとても美しいものです。
近年、シュノーケリングのスポットとして高い人気を集めている青の洞窟ですが、ここではそんな海の青さをさらに満喫することができるでしょう。
洞窟の入り口の海の色を見て、多くの人は感嘆の声をあげます。ここにはそれほどまでに美しい青があります。

どうして海は青いのか

そもそも、どうして海は青いのでしょう?
海水そのものが青いわけではありません。水ですので透明です。特に沖縄の海はより透明度が高いことでも知られています。
海が青く見える理由は太陽光の影響によるものになります。
太陽光にはさまざまな色の光が交じり合っています。この光が海中に入ることで吸収され、その中の青い光だけが反射しますので青く見えます。
ですので、天気の良い日はより海は青く見えます。
沖縄の海が特に青く美しい理由は、海水の透明度の高さだけでなく、強い日差しによる影響もかなりの割合を占めていると言えるでしょう。

青の洞窟がより青い理由

青の洞窟の海は、他の場所にくらべてより青く見えます。
これは、洞窟の底に秘密があります。青の洞窟の底は白い砂地となっています。明るい色の砂地はより光を反射しますので、海の青い光を反射し、より青く見える、という仕組みになっています。
このように反射することで、より海を青く見せるだけでなく、洞窟内の岩なども青に染めてしまいます。
こうして、青の洞窟のもつ神秘的な景色は生まれました。

青の洞窟といっても、洞窟の岩や海水そのものが青いわけではありません。
さまざまな条件が重なって、こうした神秘的な景色を生み出しました。まさに自然が生んだ奇跡といっても過言ではないでしょう。